【映画】ふしぎの国のアリスの感想【小さい子にもおすすめ】
2016年08月12日

2歳になる男の子を育てていますが、毎日そのエネルギーに圧倒されています。

妻も可能な限り子どもを外に連れて出たり、絵本を読んだりしているのですが、たまにテレビを見せたりもしています。

ついこの間まではとなりのトトロに夢中でしたが、いまはふしぎの国のアリスです。

2歳の息子がよく「アリスちゃん見たい~。」と口にします。

60年前の作品とは思えないほど美しい映像

キャラクターもかわいらしく、色鮮やかな映像と様々な効果音が気に入ったようです。

改めて見ても、とても60年前の作品だとは思えない映像の美しさです。ディズニーは本当に凄かったんだなと実感します。

トトロや魔女の宅急便のようなジブリ作品よりは安価で、気軽に購入出来る点もおすすめです。

(ただ、ダイソー等の100円均一のDVDの場合、日本語吹き替えが棒読みだったりするそうなのであまりお勧めしません。)

GoogleMovieやAmazonでも配信されているので、Discを持っていなくても手軽に見ることが出来ます。

ドライブの時の音楽にもぴったり

車でのお出かけの時、GooglePlayMusicでサウンドトラックが配信されていたので聞かせてみました。

ドライブ中は退屈して泣き出しがちなのですが、英語であるにも関わらず、真剣に聞き入っていました。

ミュージカル調の作品だという事もあり、音から物語の様子が想像しやすいんだと思います。

あざやかな配色が美しい映画ですが、音声にもいろいろ詰め込んであって楽しいです。

映画や音楽が好きな子になって欲しいなと思います。

映画の中でアリスが歌うのは結構悲しいシーンなんですが、それを明るくリメイクしたPogoの作品も輝くほど素晴らしいです。

お子さんと一緒にどうぞ

「ふしぎの国のアリス」は映像も音楽も素晴らしく、小さい子にもおすすめな作品です。

大人が見ても楽しい、美しい作品だと思います。

次回の記事

前回の記事