ポケモンGOの感想とingressとの比較
2016年07月25日

ついにポケモンGOが日本でも配信されました。

国会議事堂が海外から来た強力ポケモンに占拠されたり、高速道路に迷い込むポケモントレーナーがいたり、連日多くの話題を振りまいてくれています。

時間を忘れて没頭してしまいそうになりますが、前身ゲームとも言えるingressとの変更点についてまとめました。

過疎地でも遊べる

ingressの場合、基本的にはポータル付近以外ですることはなかった(せいぜいポータルのリチャージ程度)のですが、ポケモンGOの場合はポケモンを探して歩くことが出来ます。

ポケストップの多い都心部の方が圧倒的に有利であることには変わりはありませんが、田舎でもポケモンを探しながら楽しく歩く事が出来ます。

乗り物での移動中も遊べる

電車、車の助手席で移動しながらポケモンを捕まえる事が可能です。

車移動が主体で歩く機会の少ない地方在住者としては非常に嬉しい仕様です。

スリープモードが搭載された

設定からバッテリーセーブモードを選択するとスリープモードが使用可能です。

スマホを逆さまにするとスリープ画面に切り替わり、近くにポケモンが出現すると振動で教えてくれます。

スマホをポケットに入れたまま、画面を見ずに歩くことが出来ます。バッテリー消費も抑えられます。

ingressの方にも実装して欲しかった機能です。

操作不能になる不具合も報告されていますが、そのうち解消されると思います。

課金要素が強化された

地域によりますが、課金がゲームの効率にかなり影響します。

ポケストップが多数存在する地域ではモンスターボールに困る事もないですし、ルアーモジュールが稼働している場合もあるので無課金でも効率よくゲームが出来ると思います。

しかし地方の場合はモンスターボールやお香を購入しなければ効率良くプレイできません。
無課金ユーザーと課金ユーザー間での差が大きくなりがちです。

まだまだサービスが始まったばかりなので今後どのような展開があるかわかりませんが、気長にプレイしていきたいと思います。

次回の記事

前回の記事